Blog

ウィスコンシン州で合法な大麻油

2019年1月25日 米国の今後5年間(2019~2023年度)の農業政策などを定めた2018年度改正農業法が2018年12月20日、トランプ大統領の署名を経て成立した(2019年1月7日ビジネス短信参照)。法案には産業用大麻(ヘンプ、注)の大規模栽培を認める  特定の州にあるアメリカのマーチャントは、Shopifyで大麻または大麻由来のマリファナ (CBD) 商品を販売する選択ができます。 マーチャントの責任です。商品の合法性に関する質問がある場合は、マーチャントが弁護士に相談することをおすすめいたします。 2019年3月28日 2018年10月17日、先進7ヶ国(G7)の中でカナダが「医療大麻・嗜好大麻 合法化」の初めての国となりました。 ウィスコンシン州 全米50州の内、2018年10月現在30の州と首都と自治領で合法化となっています。 また医薬食品医療技術管理局に対しても大麻油の輸入を許可しており、「複雑な疾患を抱え、医師の診断書を持つ患者が必要とした場合は可能で、大麻油は無償で配布される」と記載されている。 米ウィスコンシン州知事は大麻合法化に向けて「第一歩」を作る火曜日、2019年の州予算案に大麻合法化の最初のステップを これは、患者のための新しい時代の始まりですこれまで、患者は自分の大麻薬を海外から輸入しなければならず、これは複雑で高価で時間のかかる手順でしたhttps://buff.ly/2TU3eW5 pic.twitter.com/D0KCejgfxv 2019年2月12年”大麻油を始めてからわずか6日後に、この少女の白血病は寛解しました”  2019年9月27日 カリフォルニア州やワシントン州のような合法的な成人使用州で認可され、規制され、テストされた大麻オイルベープカートは、 Huffhines兄弟のウィスコンシンコンドミニアムのような場所では、大麻油はさまざまな容器に入っています。

2019年1月25日 米国の今後5年間(2019~2023年度)の農業政策などを定めた2018年度改正農業法が2018年12月20日、トランプ大統領の署名を経て成立した(2019年1月7日ビジネス短信参照)。法案には産業用大麻(ヘンプ、注)の大規模栽培を認める 

米ウィスコンシン州知事は大麻合法化に向けて「第一歩」を作る火曜日、2019年の州予算案に大麻合法化の最初のステップを これは、患者のための新しい時代の始まりですこれまで、患者は自分の大麻薬を海外から輸入しなければならず、これは複雑で高価で時間のかかる手順でしたhttps://buff.ly/2TU3eW5 pic.twitter.com/D0KCejgfxv 2019年2月12年”大麻油を始めてからわずか6日後に、この少女の白血病は寛解しました” 

有機農家から取り寄せた素材を徹底した管理下でオイルを抽出した最上品「メイヂ健康大麻油」。コロラド州の有機農家が栽培した違法性のない大麻草の茎と種子を使用。超臨界CO2抽出法によりCBD、その他のカンナビノイド類を安全・高品質で抽出しており 

2018年11月9日 11月6日に実施された米中間選挙では、民主党が下院で多数派となった一方、上院は共和党が過半数を維持し、「ねじれ議会」を生み出すこととなった。しかし、今回の選挙であまり報じられていない影の勝者が、大麻なのだ。米国の複数の州  有機農家から取り寄せた素材を徹底した管理下でオイルを抽出した最上品「メイヂ健康大麻油」。コロラド州の有機農家が栽培した違法性のない大麻草の茎と種子を使用。超臨界CO2抽出法によりCBD、その他のカンナビノイド類を安全・高品質で抽出しており  2018年12月24日 もとより合法な国にそのような規制ないはずですが、日本が嗜好用大麻を合法化するとなると気が遠くなるような行程が メイヂ健康大麻油の販売元であるメイヂ食品株式会社としては医療大麻までは日本政府は認めるべきだと考えています。 2019年6月26日 しかし、漢方材料や麻布、種子、大麻油として利用される歴史は長く、生産農家も多い。 これにより同州は全米で11番目の嗜好用大麻の合法州となり、来年1月1日から大麻が店舗で販売されることになった。 食品グレードのヘンプは1エーカー(約4000平方メートル)当たり750ドルの手取り収入を農家にもたらすと、ウィスコンシン州プレスコットのヘンプ処理業者「レガシー・ヘンプ」のケン・アンダーソン氏は言う。 2019年1月25日 米国の今後5年間(2019~2023年度)の農業政策などを定めた2018年度改正農業法が2018年12月20日、トランプ大統領の署名を経て成立した(2019年1月7日ビジネス短信参照)。法案には産業用大麻(ヘンプ、注)の大規模栽培を認める  特定の州にあるアメリカのマーチャントは、Shopifyで大麻または大麻由来のマリファナ (CBD) 商品を販売する選択ができます。 マーチャントの責任です。商品の合法性に関する質問がある場合は、マーチャントが弁護士に相談することをおすすめいたします。 2019年3月28日 2018年10月17日、先進7ヶ国(G7)の中でカナダが「医療大麻・嗜好大麻 合法化」の初めての国となりました。 ウィスコンシン州 全米50州の内、2018年10月現在30の州と首都と自治領で合法化となっています。 また医薬食品医療技術管理局に対しても大麻油の輸入を許可しており、「複雑な疾患を抱え、医師の診断書を持つ患者が必要とした場合は可能で、大麻油は無償で配布される」と記載されている。

2019年9月27日 カリフォルニア州やワシントン州のような合法的な成人使用州で認可され、規制され、テストされた大麻オイルベープカートは、 Huffhines兄弟のウィスコンシンコンドミニアムのような場所では、大麻油はさまざまな容器に入っています。

2018年11月9日 11月6日に実施された米中間選挙では、民主党が下院で多数派となった一方、上院は共和党が過半数を維持し、「ねじれ議会」を生み出すこととなった。しかし、今回の選挙であまり報じられていない影の勝者が、大麻なのだ。米国の複数の州